top of page
  • 執筆者の写真satomisasakims

【スクラップヤード条例、千葉市役所へヒアリングに】

更新日:5月6日



現在さいたま市では「さいたま市再生資源物の屋外保管に関する条例 」制定の動きがあり、その骨子に対するパブリックコメントが6月26日(月)~7月26日(水)の期間で募集されています。



 この条例は、千葉市、袖ヶ浦市に次いで3例目ということで、さいたま市に先駆けて、国内初の条例制定に踏み切った千葉市へ、同じ会派の松本議員、出雲議員とともに視察に行ってきました。


 条例制定の背景は様々で、さいたま市と共通する部分もそうでない部分もありました。そして、条例制定により屋外保管所(ヤード)が許可制になることは喜ばしい一方で、そのことは市の職員の方々の多大な業務量を伴うご苦労によって初めて成り立ちうることもよく分かりました。私たちも、さいたま市の実情や市民ニーズに合った条例になるよう、市の職員さん達と力を合わせて頑張っていきたいものです。


 ヒアリングの後に、6月に新庁舎になったばかりという千葉市役所を見学させていただきました。議場もガラス越しに子連れで傍聴できるスペースや車いすスペースがあったり、議会図書館も屋上庭園とつながっていて明るくオープンな雰囲気で、至るところに多様な市民にとって親しみやすく使用しやすい工夫が凝らされていました。さいたま市も市庁舎移転を控えていますが、時代に合わせて進化した議会、市役所のあり方、参考になりました。




Comments


bottom of page